2025年4月に施行される予定だ。

都内では、二酸化炭素の排出量の3割が家庭部門となっているが、太陽光発電設備の設置率はパネル設置可能な建物のうち、4%ほどにとどまる。

画像
https://i.imgur.com/kqQL6We.jpg

https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20221216a.html