セブン-イレブン、ざるそばなど一部商品「ほぐし水」無しに 広報「ほぐしやすい麺へと改良した」

コンビニチェーン「セブン-イレブン」がざるそばやそうめんなどに「ほぐし水」を付属しなくなった、
とツイッターで話題になっている。

かねて、麺にかけて滑りを良くし、食べやすくするため小袋のほぐし水が付いてきた。
リニューアル後とみられる商品パッケージには、「ほぐれやすい麺」を使用しているとの記載がある。
運営に詳しい経緯を取材した。

「ほぐし水無しで簡単&おいしい」
ほぐし水が無くなった商品のパッケージは、「ほぐし水無しで簡単&おいしい」「ほぐし水は
入っておりません。ほぐれやすい麺を使用しています」と説明書きがされている。

ツイッターでは、2023年6月末ごろからにわかに注目されている。購入者からは「準備が
1つ減って食べやすくなった」と評する声がある一方、「ほぐれやすい麺になったらしいけど、
まだちょっと食べにくい」と様々な反応が出ている。

セブン-イレブンを展開するセブン&アイ・ホールディングス・広報は7月11日、詳しい
経緯や反響への受け止めなどを尋ねたJ-CASTニュースの取材に対し、下記のように答えた。

「商品の品質向上を進める中で、以前の規格と比べてよりほぐしやすい麺へと改良したことで、
ほぐし水のない商品として、『ざるそば』(地域によって名称は変更)等の一部の商品から
順次変更を実施しております。引き続き今後も、品質向上に努めてまhttps://www.j-cast.com/2023/07/11464939.html