7日午後、北海道北部の東川町で、電動キックボードで走行中に転倒し、
意識不明で搬送されたのは、京都府から旅行中の61歳の男性とわかりました。

7日午後3時半すぎ、東川町の忠別川の堤防上の道路で、
通りかかった人が「人が倒れている」と救急通報しました。

倒れていたのは、電動キックボードに乗っていた男性で、
頭のあたりから血を流し、意識不明で搬送されました。

その後の警察の調べで、男性は、京都府城陽市から
1人で旅行中の61歳の男性であることがわかりました。

現在、一命はとりとめたとみられるものの、重い脳挫傷で、
意識は、はっきりしない状態ということです。

電動キックボードをめぐっては、7月1日からの法改正で、
特定小型原付=特定小型原動機付自転車というタイプは、
16歳以上なら免許とヘルメット不要で、歩道でも走行できるようになりました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ccafb26d37a1fe4512c9594b52e7d8eb57f9e08a