「国境越えた影響、心配なし」 処理水でIAEAトップ

東京電力福島第1原発にたまる処理水の海洋放出計画が「国際的な安全基準に合致する」との包括報告書を公表した国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が7日、日本での主な日程を終えて東京都内で記者会見した。処理水に含まれる放射性物質トリチウムについて「国境を越えた影響は全く心配がない」と述べ、報告書は「客観的で、評価のプロセス、結論に自信を持っている」と強調した。

グロッシ氏は、席上のコップの水を指し「トリチウムはどこにでもあり、この中にもある」と指摘。放出時に海水で薄める上、海中で分散されるため、沿岸から数キロ離れると、環境中のトリチウムと区別して検出できなくなると説明した。

https://nordot.app/1049984498547868030