祖先検査の話題に注目したい。
日本を中心に広がりつつあるこのサービスでは、
検査利用の理由の中に、
「自分が100%の日本人である」
ことを証明したいという。

望み通りの結果が得られるとは限らない。
予想と異なる結果が出たことで、
「逆ギレ」的な反応を見せる人もいるという。

自分から受けた検査であるにもかかわらず結果を素直に受け入れないというパターンである。

「検査結果よりも家系図や祖父母から聞いた祖先の話を信じる」

「人種は目に見える特徴として現れるはずなので、
自身の外見と合致しない検査結果は無視する」

「検査を行った科学者が、
日本人に対する否定的なバイアスを持っているに違いない!」

「検査会社を所有する朝鮮人の陰謀だ」

などと、多様な理由をつけて結果を拒絶しようとする。

https://www.chosunonline.com/m/svc/article.amp.html?contid=2023070680051