つけ麺店「つじ田」創業者の辻田雄大氏が、つけ麺をスープにつけず食べる行為について、「馬鹿じゃねえの」
「意味ねえから」などと揶揄したことが波紋を広げている。

【画像】「馬鹿じゃねぇの」…削除された辻田氏の発言

客の食べ方を否定するような発言に、動画のコメント欄やツイッターには批判的な声が多く寄せられた。そうした反応を受けてか、
2023年7月6日16時までに、一部の発言が動画から削除された。

■「バカじゃねえのと思う」

「つじ田」は日本各地に店舗を構える人気店。2011年からはアメリカにも進出している。

物議を醸したのは、つじ田を創業した辻田氏が運営する「つじ田BOXチャンネル」に5日に投稿された動画での発言だ。

辻田氏は、人気メニューが約4年ぶりに復活するというイベントに際し、都内にある「つじ田」店舗を訪れ、メニューを試食した。

つけ麺を食べた辻田氏は、「うまい。昔からブラッシュアップされた味」と絶賛。すると、チャンネル出演者で「ラーめんバリ男」店主の
岩崎誠氏が、「まずは麺から…え、ツッコんでくれないの?」と爆笑しながら、つけ汁に浸さずに麺だけを食した。

岩崎氏は、「うん! 小麦の香りが!」と大仰にコメント。ここで辻田氏が、岩崎氏を指差しながら、「なんかね、俺の食レポ、
コメントがなくてわかんないって言われんの。こんなこと(岩崎氏のコメント)言って何の意味になるの? 大体、言うこと
決まってんじゃん。小麦の香り、切り刃が何番、麺線がきれい。バカじゃねえのと思う」と声を上げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e524a7756bcb5e16e04a31ce4c8ec8dc2b5dad35