京都・嵐山で“ごみ問題”深刻 ポイ捨て…ごみ箱あふれる 人気観光地で何が?

多くの観光客でにぎわいを見せる、京都市の嵐山。
コロナ禍前は年間およそ800万人が訪れていた人気観光地。

しかし“あるもの”が足りず、困惑の声が上がっているという。

何が足りないのか。

観光客「コーヒーを買って飲み終わったんですけど、今ごみ箱探してるんですけどなくて。ちょっと困って探してるところです。食べ歩きのお店はあると思うんですけど、それに対してもごみ箱少ないな」、「ごみ箱は少ないですね。店内に入らないとごみ箱はない」

そう、足りないものとは、ごみ箱。

飲食店が立ち並ぶ人通りの多い通りを見渡しても、全くごみ箱が置いていない。

通りには、もともと京都市が管理するごみ箱が設置されていた。

しかし、ごみ箱からごみがあふれかえり、道路にまで散乱。
これを受け、複数のごみ箱が撤去されたのだ。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f9f67927a18bddf56c1d7d85341b8a284340dbfd&preview=auto