韓国与党「国の格を下げる不適切な行動」 野党のIAEA報告書反発に

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「国民の力」の尹在玉(ユン・ジェオク)院内代表は6日の
党最高委員会議で、最大野党「共に民主党」の国会議員が東京電力福島第1原発の処理済み
汚染水の海洋放出に反対する座り込みを計画していることに対し「こうした行為は
科学の否定であり、国際原子力機関(IAEA)調査団に参加した多くの国の名誉を損ない、
韓国の格を落とす非常に不適切な行動」と批判した。

日本が周辺国の同意なく汚染水の海洋放出に踏み切った場合に日本産水産物すべての
輸入を禁じる法の制定を検討するとした共に民主党の方針についても「貿易戦争を始めるつもりか」と非難した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/443b81dc028d756f4b85341a62b7d1573e383e60