創立100年を迎えた日本共産党に“転機”が訪れようとしている。初の女性党首が誕生しそうなのだ。共産党が6月23日に発表した次期衆院選の候補者の中に、
“タムトモ”の愛称で知られる田村智子政策委員長(57)
の名前があったことが永田町関係者の耳目を集めた。

「タムトモさんは安倍元首相の『桜を見る会』の問題を追及して知名度を上げ、
2020年から他党の政調会長にあたる政策委員長を務める中堅エース。
しかし、昨年の参院選で3選を決めたばかりです。
急に衆院に鞍替えするのは、委員長就任が内定したからだとみられている。
共産党のトップは衆院議員という暗黙の了解があります。
タムトモさんは比例東京ブロックの単独1位で次期衆院選に臨むことになりそうです」
(共産党機関紙関係者)

画像
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/325379