佐賀県小城市で2日、JR唐津線の踏切で男性が列車にはねられ、死亡する事故がありました。

警察によりますと2日午後5時50分ごろ、佐賀県小城市のJR唐津線久保田駅近くの踏切で、30代から40代の男性が、上りの普通列車にはねられました。

男性は、駆けつけた救急隊員によって、その場で死亡が確認されました。

列車の乗客25人にケガはありませんでした。

警察の調べに対し運転士は「踏切に走って入ってきた。汽笛を鳴らしたが気づかない様子だった」と話しているということです。

事故現場は、警報器や遮断機がない踏切で、男性はランニングシューズを履いていて、列車には有線のイヤホンが引っかかっていました。

警察は、男性がランニング中、列車に気づかず踏切内に入った可能性もあるとみています。また、事故を受け、国土交通省は事故調査委員会を設置し、事故の原因を調べています。

ランニング中に進入か 踏切事故で男性死亡 事故現場にイヤホン
https://news.yahoo.co.jp/articles/fdfc7a7155d854bd9163b34ed6ef8eafcbdd15e7