いまや世間の“常識”となった「大卒新入社員の3割は、3年以内に離職する」――。
実はもっと精査していくと、「大卒新入社員の1割は、入社1年目で離職している」ことが分かる。そして、
そのあまりにも性急な離職の理由として、最近浮上しているのが、職場での成長の機会がないことなのだ。
一方で多くの会社が、働き方改革で若手社員を大切に扱い、「ホワイト企業」であろうと努めている。
そうした職場環境の中で“お客様扱い”が続き、成長につながる負荷の高い仕事に恵まれず、
失望して離職していく新入社員の実像に迫る。https://news.yahoo.co.jp/articles/8649e420c5207a8ec83dfa1122b187b8bd2669c3