「コルク」と呼ばれる半キャップ型のヘルメットをかぶってツーリングしていた若者に暴行を加え、バイクを奪ったなどとして、
警視庁が恐喝などの疑いで、16~20歳の男や少年計11人を逮捕したことが28日、捜査関係者への取材で分かった。
同庁は同種のヘルメットをかぶる人に因縁を付ける「コルク狩り」とみて調べている。

捜査関係者によると、11人は東京都台東区周辺の不良仲間とみられ、「爆音で走っていたので戒めてやろうと思った」などと話している。
逮捕容疑は1月22日午前1時半~同6時ごろ、台東区の隅田川の川辺で、若者ら9人の顔をヘルメットで殴るなどし、バイクなど240万円相当を脅し取った疑い。
若者らは同日、インスタグラムで募った仲間約20人で、バイクや車で台東区内をツーリングしていた。

「コルク狩り」で11人逮捕 恐喝容疑、20人並べ殴る―警視庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023062800127